Monthly Archives: 3月 2015

毎週行う「ロケットマンデー」という儀式とは?

こんにちは。古田です。
最近は大好きな日本酒に体がついてこない時があって凹んでます。

さて、今回は株式会社Loco Partners独自のリリース方法『ロケットマンデー』について紹介します。

ロケットマンデーとは?

※要するに毎週月曜日にリリースするよ、ということ
いわゆるスクラム開発体制において、弊社では週一でイテレーションを回しています。
そして、リリース日は毎週月曜日です。

なぜ週一なのか

実は、去年まではデイリーで高速リリース(即リーと呼んでました)をやってました。
※過去の弊社主催勉強会でも少し触れてます(資料
これはこれで非常に良い取り組みでした。
1秒でも早く、カスタマーへ良いものを提供できるからです。
しかし、いくつか問題も出てきました。

  • 毎日がリリースタイミングなので、割と安易に「明日に延ばそう」となる
  • 毎日変化するのでリリースした機能がどのKPI変化に影響を与えたのか計測しずらい
  • リスクも毎日あるのでDevOps連携が大変

こういった背景から、ものは試しだということでリリース周期を変更しました。

なんでそんな名前なのか

別に「これからはリリースを週1とし、リリース日は月曜日にします!」だけでも良いわけです。
しかしそれでは組織として運用意識が定着しない。
周期が変わるということは日々考えるべきことも変わります。
タスクの管理方法も時間の使い方も変わります。
だから誰もが口にする共通言語が必要だ、というのが理由です。
今では『ロケットを意識してタスク管理しよう』とか
『これ、来週のロケットに載せました(releaseブランチへmargeしたの意)』という
会話が日常的に行われています。
結果論ですが、ロケットに載せるという表現がしっくりきますw正解はない

今のところは、この運用が上手く回っています。
改善の余地としては、毎週のリリース案件に目が行きがちなので
来週以降や複数スプリントにまたぐタスクが少し疎かになってきたので
その辺りは今後、修正していきたいと考えています。
また、DevOps連携などがもっと上手くできるようになって
リリーススピードを上げたいね、という話になったら
また即リー体制にするかもしれません。
この辺りは日々PDCAを回して臨機応変に対応していきます。

さいごに

そもそもですが、弊社のスクラムっぽい開発体制が生まれたのは、
流行りを取り入れて一般的な概念を学んだのではないのです。
どうやったらチームで効率良く最速で開発・リリースができるかを考えて
日々工夫していたら、実は周りを見るとスクラムという体制に近づいてたね、というものです。
だから、有効だと言われるメソッドは学びつつも
それに縛られることなく、自分たちに最適は何か?を
これからも追求していこうと思います。

そして、そんな Enjoy Hack! な社風のLocoPartnersで働くのに興味あるという方、
いらっしゃいましたらこちらのWantedlyよりご連絡くださいませ〜

オフィス移転!〜エンジニアが働きやすい環境編〜

こんにちは。古田です。

株式会社Loco Partnersは、2015年3月2日にオフィスを移転しました!

新橋to新橋の近距離移転です。

弊社にとって新橋という立地はいろいろと都合が良いので、そこに関しては変わりませんが、

面積は2倍ちょっとに広くなりました。

それだけでなく、今回は働きやすい環境つくり、特にエンジニアが集中できて生産性の上がる環境にこだわっています。

 

そこで今回の記事は、エンジニアが働きやすい環境とはどんなもんや!という点に焦点を当てて

新オフィスの紹介をしていきます。

 

受付

受付

大きなロゴが特徴の受付スペースです。

今回のオフィスは木材をたくさん使った暖かい雰囲気のある内装になっています。

フロア全体が木の香りで満たされており、エレベーターを降りると懐かしい感じがして

実家とか田舎とかに帰ってきた様な安心感から「ただいまー」と言いたくなりますw

 

音響

photo2

音響設備にもこだわっています。

弊社では、リラックスして業務に打ち込めるよう常に音楽が流れています。

海外ラジオやジャズなど、ジャンルは日によって変えています。

音楽のおかげなのか、執務スペースといえど殺伐とした雰囲気は一切ありません。

 

デスク

photo3

こちらが(私の)仕事デスクです。

必要な人には全て、デュアルディスプレイ環境を提供してます。

もちろん会社が負担して購入します。

最上階にあって窓も広いので、景色も良く開放感があります。

ひとり一人のデスクもけっこう広いので、のびのびと作業できます。

 

集中スペース

photo4

エンジニアなら、時には一人になりたいものです(たぶん)。

そんな時、少し離れた窓際にあるパーテーションに区切られた集中スペースへ行きます。

誰にも邪魔をされない空間を手にいれることができます。

大きい窓から見える景色を眺めて、ホッと一息つくこともできます。

 

ソファスペース

photo5

もっとくつろぎながら開発したい人はこちらへ。

まるで自宅にいながら仕事をしているかの様な居心地の良さです。

カウチソファなので色々な体勢で作業することもできます。

 

スタンディングスペース

photo7

スタンディングで作業したり、ショートミーティングができます。

立っていると眠くならずに集中できるということで好評です。

先進的なスタートアップ環境で多く取り入れられているのも納得です。

15分程度のミーティングなら、ここで立ちながらパパッと済ませてしまいます。

だらだらと無駄に長くならないのでとても良い環境です。

 

コーヒー

photo6

もちろん、みんな大好きコーヒーも常に淹れてあります。

なんと毎回ちゃんと豆から挽いて淹れているというこだわりよう。

代表がアメリカ視察に行ったばかりなので、最近はブルーボトルのコーヒーが入っています。

僕はコーヒー大好きなので、気分転換にコーヒーブレイクというのはよくやってます。

写真にはないですが、お菓子も食べ放題です♪

 

Park

photo8

働きやすい環境とは少しずれますが、イベントや勉強会を行うことができる素敵なスペースもあります。

執務スペースではないとはいえ、落ち着いた環境に惹かれてここで仕事をしているメンバーもいます。

昼は全面に広がった窓によって開放的で明るい空間に、

夜はお洒落なスポットライトがシックな雰囲気を醸しだします。

これから面白い企画を続々と開催していきます。

開発に関する内容については、オープンなFacebookグループにて情報を配信しています。

【Facebookグループ】ReluxTechLab::connectDeveloper()

エンジニア・デザイナーなら誰でも参加できます。

お気軽に参加申請してください!

 

以上で新オフィス紹介は終わりです。

オフィスはいつでもオープンにしています。

新橋近くにお立ち寄りの際には、ぜひ遊びに来てください!

【住所】東京都港区新橋5-13-1 菊栄ビル 9F

 

ではまた!